にきび跡のクレーターにはレーザー治療が効果的

クレーターになってしまったにきび跡の完治を目指すなら、レーザー治療が効果的です。毛穴が広がったものや肌の表面下の深いところまで貫いたようにできる窪みなど、にきび跡の種類はいくつかあります。数あるにきび跡の中でも、最も目立つのがクレーターと呼ばれるにきび跡です。クレーターは、まるで夏みかんの皮のように、皮膚の表面が凸凹になっているにきび跡です。クレーターになってしまうとなかなか治りにくく、ファンデーションなどで隠すことも難しいタイプです。クレーターの目立たないお肌になりたい場合は、皮膚科の医院に行って診察してもらいましょう。なぜなら、ニキビによって皮膚組織の一番奥にある真皮層まで傷ついているからです。真皮層はターンオーバーが行われない場所なので、この部分まで傷ついてしまうと、皮膚が再生することができないのです。クレーターの治療方法は、フォトフェイシャル、レーザー治療、ケミカルピーリングなどが代表的なものです。クレーターのにきび跡には、レーザーの治療での効果が期待できます。レーザーなら皮膚深層まで届き、皮膚組織の生成を促進させることができます。真皮層まで傷つき、クレーターになったにきび跡部分も、レーザー治療を施すことでコラーゲンが増加し、肌の細胞を蘇らせる効果が期待できます。背中ニキビに悩みを持ってるのであればぜひルフィーナの口コミも一度見てはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。